日報:14/04/23 『全盲弁護士 竹下義樹さん』

連投のshachoです。
これは本当の日報。

本日は、月に一度の池袋ビジカルランチの日で、
これはランチの後の1時間、毎回色々なテーマのお話を聴けるのです。
今日のスピーカーは竹下義樹弁護士でした。
竹下さんは日本で最初の全盲の弁護士さんです。
(現在では、3名います。)

プロですから、弁が立つのは当たり前かもしれませんが、
膨大な読書量からのお話には、ググッと引き込まれます。

その上、時々ちらちらと、こちらを見ているように見えるのです!
皆さんの注意を喚起しながら話す。
あれ?弱視だったかな?と錯覚してしまう。

障害のあるなしは、些細な違い。
人との違いを探す社会から、共通点を見つけ出す社会へ。

あなたも私も同じ人間だ、という到達点。
そこまでくれば障害者問題は9割片づくとお話されていました。

しかし…。
六法全書を暗記してしまうような方に、
あなたも私も同じですね、とは
恥ずかしくて言えませんね…。

観葉植物植え替え大作戦

風邪が長引いているshachoです。げほ。

2年前の事務所移転のおり、友人たちからいただいた大事な観葉植物。
ずいぶんと大きくなりました。
『そのうち植え替えてあげるからね』とリップサービスを繰り返していたら
倒れて鉢が割れた!

植物にしてみたら、
いつまで待たせるの?いつ植え替えるの?今でしょ。
ということか。

お客様である造園業者さんに問い合わせたところ、
植え替えるより、買った方が安いと。

違うんです!
大事な植物なのです!
ということで先日、
出張植え替えに来ていただきました。

大きな鉢に栄養たっぷりの土。
綺麗に剪定もしてもらって、とてもすっきりしました。

植え替えてすぐは、元気がないように見えます。
新しい環境にびっくりしているからです。
よく、この種類は水をたっぷりあげてくださいとか言いますが。
本当は、1本1本違うのです。
どの木にも、個性があります。
という信じられないようなお話。

でも、考えてみれば、当たり前かもしれない。
その造園屋さんくらいになると、
遠くから見ても、何を欲しているのかがわかるという・・・。

ああ、こんな素敵な話が聴けて、
車で来てもらって、材料費と、植木鉢と、3鉢の植え替え作業で2万円って、
安すぎませんか!!
消費税8%は高いけど!