日報:12/10/22 『かっこよくなりました』

新宿区の中の西新宿で名刺製作しています。
 
社長は社内業務の後、出かけました。
chiyoさんは名刺製作。
kirinさんは名刺製作。
yujiさんは名刺製作。
kumiは名刺製作。
 
 
今日は助っ人さんがまた来てくれました。
ブログをかっこよくしてくれました。
ありがとうございました。
 
前回助っ人さんに来て頂いた時、ブログのアクセスが増えました。
それは助っ人さんが何度もホームページを見たからです。

しかしそれに気がつかなかったkumiは見てくれる人が増えた!と喜びました。
chiyoさんに喜びの報告をしたら、助っ人さんが何度も見てたと言われました。

今回もアクセスがとっても増えました。
でもこれは助っ人さんがホームページをかっこよくするために何度も見たからです。

いいんだ。
少しなら見てくれてる人がいるんです。
 
 
社長が今日、お誕生日でした。
もう無理はできない年になりました。
でも元気に夜中まで活動してます。

お誕生日祝いに、社長に名刺の注文をお願いします。
すごく喜びます。

 

日報:12/10/19『山津見神社にて』

新宿区の中の西新宿で名刺製作しています。

社長は社内業務の後納品。
kumiさんは名刺製作。
yujiさんは名刺製作。
yasukoさんは名刺製作。
chiyoは名刺製作。

chiyoは、前回の連休に福島県に行ってきました。

一番の目的は、「福島、飯館 それでも世界は美しい」の本を書いた 小林麻里さんのお宅訪問です。
その他の予定はざっくりでしたが、二日間かなり満喫しました。

一日目は、麻里さんと合流してから毘沙門沼を見て早めに裏磐梯のペンションに入りました。
宿泊先 裏磐梯 ピッコロホテル セカンド では、おいしい料理とオーナーさんの話もいろいろ聞けて楽しかったです。『ピッコロ震災孤児支援プロジェクト』という支援もおこなっているので、興味のある方は是非をホームページをご覧下さいませ。

二日目は、磐梯吾妻スカイラインを通り、浄土平を観光して飯館村に向いました。
飯館村では、山津見神社と麻里さんのご自宅を訪問しました。

山津見神社は、避難地域であるにも関わらず綺麗にされていて毎日福島から通って管理しているそうです。歴史を感じる立派な神社で、本来であれば秋祭りのこの時期に多くの人で賑わっていたはずと考えれば考えるほど悲しくなりました。

麻里さんの自宅では、作物を育てられなくなった畑や朽ちていく建物を見て寂しい気持ちになりましたが、手にのる小さなオオサンショウウオや実のなる木を見て生命の強さも感じました。おきてしまった失敗や過ちの原因究明や謝罪は必要だと思うけど、本当に大事なのはその後の行動かもしれないと感じる旅でした。