遥水書道教室 さんの「折り句web展覧会」ページを作成しました!

書道家・前田遥水先生が主催されている 遥水書道教室 の、
生徒さんの「折り句」作品ページを作らせていただきました。

毎年、公民館で展覧会を行うのですが
今年はコロナのため開催できないということで、
webでの公開になりました。

公民館で作品を直接見ることができない!というのは本当に残念なのですが、
生徒さんの、遠くに住むご親戚にも見ていただく事ができました。
webならではの強みですね!
遥水先生のブログからは、web展覧会に懸ける強い思いが伝わってきます…!

ちなみに、まるみのweb担当
このお仕事で「折句」という文化の存在を初めて知りました。
以下、そちらについての引用です。

—―――――—―――――—―――――—―――――—―――――—―――――—―――――
古くから日本にある言葉遊びの一種で、一つの文章や詩の中に、
別の意味を持つ言葉を織り込む「あいうえお作文」のようなものです。

「あ」明るく
「い」いつも元気で
「う」うれしい時

というように、言葉のひとつひとつの頭文字をとって文章にします。

「伊勢物語」の東下りの段に登場する和歌には次のようなものがあり、
頭文字をとると「かきつはた」(カキツバタ)という花の名が
折り込まれていることがわかります。

からころも
きつつなれにし
つましあれば
はるばるきぬる
たびをしぞおもふ

折り句とは – 一般社団法人 日本折り句協会 より)
—―――――—―――――—―――――—―――――—―――――—―――――—―――――

最初は「…これアレやん(笑) 笑点の大喜利やん!」などなど頭をよぎり、
思わずクスッとしてしまったのですが、
伊勢物語のくだりを読んで、平安時代から受け継がれてきたという文化に奥深さを感じました。

それにしても、
生徒さんの作品が本当にかわいらしいです。
今年小学校に入学した子どもさんから、
コンテストでグランプリを受賞した生徒さんまで、
様々な作り手さんのキャラクターが一つ一つの作品ににじみ出ています!

ぜひご覧になってください!
遥水書道教室「web折り句展」

【重要】消費税増税に伴い価格が変わります

いつも有限会社まるみをご利用いただきまして、ありがとうございます。

来る2019年10月1日(火)の消費税率10%引き上げに伴い
税込み価格が変わります。

9月30日(月)までに出荷できたものは8%で、
10月1日(火)以降の出荷分は9月中のご注文であっても10%です。

配送料、代引き手数料なども10%になりますので
ご留意頂きますようお願い申し上げます。

今後とも有限会社まるみをよろしくお願いいたします。

2019年9月25日 有限会社まるみ

2019年 夏季休暇につきまして

いつも有限会社まるみをご利用いただきまして、ありがとうございます。

夏季休暇のため、

2019年8月10日(土) ~ 2018年8月18日(日)
は休業日とさせて頂きます。

このため、休暇前の商品発送最終日は、

2018年8月9日(金) となります。

ご留意頂ければ幸いです。

ご不便をお掛け致しますが、
何卒ご了承頂けますよう宜しくお願い致します。

パワーポイント原稿ご入稿時の注意点につきまして

日頃のご愛顧、誠にありがとうございます。

PowerPointでデザインしたお名刺などのデータを入稿していただく場合

・フォント名のご指定
・スクリーンショット(PDF、jpeg 等)添付
 ※完成品のレイアウト確認用です

上記2点についてご協力頂くようお願い申し上げます。

なお、印刷用のレイアウト作成費用はデザインの細かさなどで金額が変わりますので
データを拝見してからお見積もり致します。

以上よろしくお願い致します。

【お知らせ】名刺制作費の価格を変更しました

いつも有限会社まるみをご利用いただきまして、ありがとうございます。

まるみでは、お客様のご期待に添うべく、経営の合理化、省力化を図り、長らく製品価格を据え置いてまいりました。
しかしながら、人件費をはじめとする経費の上昇のため、現行の価格体系を維持するのが困難な状況となりました。

つきましては、誠に不本意ながら、製品価格を改訂させていただくことになりました。

今回の改定により、日々のご要望にしっかりとお応えする体制を維持してまいります。
何とぞ余儀ない事情をご理解いただき、今後とも変わらぬご高配を賜りますようお願い申し上げます。

◆名刺制作費 変更価格一覧(税込金額)

【表面モノクロ/裏面なし】   ¥1,296 → ¥1,620

【表面カラー/裏面なし】    ¥1,620 → ¥1,728

【表面モノクロ/裏面モノクロ】 ¥1,728 → ¥1,944

【表面カラー/裏面モノクロ】  ¥1,944 → ¥2,160

【表面カラー/裏面カラー】   ¥2,376 (変更なし)

◆名刺デザイン費 変更価格一覧

【軽度な修正】 ¥1,500~ → ¥300~

2019年4月26日 有限会社まるみ

ゴールデンウィーク中の日程につきまして

10連休となった2019年の大型ゴールデンウィークですが
まるみも公布されたカレンダー通り

4月27日(土) ~ 5月6日(月) まで休業とさせて頂きます。

受注・出荷の最終日は連休入りの前日、

4月26日(金) までとなります。

 

宜しくお願い致します。

 

お名刺入稿データの弊社規格につきまして

日頃の御愛顧まことにありがとうございます。

いつもお客様から様々なデータを頂くのですが、
よりスムーズなご納品のために、 Illustrator でご入稿頂ける場合の
弊社フォーマットをご案内いたします。

・弊社名刺のアートボードサイズ: 91mm × 55mm

・文字化け防止のために、テキストはアウトライン化(画像データに変換)をお願いします。

・トンボのあり、なしはどちらでも構いません。

・カラーモードは、CMYK、RGBどちらでも製作可能です。
(RGBの場合、色味が大きく変わる場合がございます)

※特色はCMYKに変換されます。何卒ご了承ください。

 

以上、宜しくお願い申し上げます。

紙の紹介 ―クリーム森林編―

紙の紹介、第5弾!
今回取り上げるのは クリーム森林 です。

 

この名刺用紙、
紙の特徴として前回紹介したクリームと変わるところはほとんどありません。
色味も表面の風合いもパッと見はそのまま。
しいて言えば、クリーム森林の方がわずかにベージュの色味が薄いかな?というくらいです。
違う紙にも関わらず、本当に再現度が高いんですよね。


画像の右が森林クリーム、左がクリームです。

この記事を書くために、未使用のクリームとクリーム森林を手に取って見比べていたのですが、
途中で「あれ、どっちがクリーム森林だっけ?」と、思わず見分けがつかなくなりかけました。
もし入れ替わり、間違って使われてしまったらと思うと今でも背筋が凍ります(汗)

 

では、両者の違いを分けている 森林 って、一体何でしょうか?

 

実はこれ、環境省が海外の団体と連携して取り組みを進めている
「森林認証」という制度の頭文字なのです。

もともとはドイツを中心にして始まったもので、
様々な基準のもと、林業が環境保護に貢献するよう運営されているか、
木材の生産業者、流通・加工業者を対象に審査が行われており、
それをパスすれば企業や商品にライセンスが与えられます。

森林クリームもそんな環境保護に貢献している紙製品の一つなのです。

 

この紙を使うことで
そういった働きかけに目を向ける何らかのきっかけになることは間違いないでしょう。
事実、私自身もこの記事を書くまでは、
森林認証という制度について聞いたこともありませんでした。

 

紙を使った事業を営んでいるまるみとしては、
ぜひとも皆さんに知っておいて頂きたいなと思う名刺用紙なのでした。

以前紹介しました クリーム がお好きな方
そして、エコに興味を持たれている方は、ぜひ!

【お知らせ】名刺用紙の価格を変更しました

いつも有限会社まるみをご利用いただきまして、ありがとうございます。

この度、仕入れ先変更のため、一部の名刺用紙の価格を変更いたしました。

◆バナナペーパー
【旧】厚さ 0.26mm 100枚辺りの価格 ¥800

【新】厚さ 0.2mm 100枚あたりの価格 ¥1,000

以前の紙より少し薄くなり、標準の名刺用紙と同じ厚さになりました。
詳しくは「名刺」ページから
「・名刺用紙のオプションと追加料金(100枚)」をご覧ください。

今後とも、有限会社まるみをよろしくお願い申し上げます。

紙の紹介 ―クリーム編―

紙の紹介、第4弾!
今回取り上げるのは クリーム です。

色はその名が示す通り、若干クリーム色がかった、どことなく古風な雰囲気を感じさせるものとなっております。


(手前が クリーム で、奥が ホワイト です。 色の比較としてご参考まで。)

クリームは、白くない紙にインクが乗るということで、
色が正直に出るというわけではないんですよね。

しかし、温かみを持ったレトロな風合いは、
やわらか味のあるフォントとの相性がバツグン!
字体を選び抜いていくことで
「レトロな雰囲気をできるだけ出してみよう!」という使い方も可能です。

 

また、あまりにも色がはっきり出過ぎて、角が立つような色合いになってしまったり、
ロゴなどの一つ一つが目立ち過ぎて
「なんとなくデザイン的にうるさくなってしまうなあ・・・」というお名刺の場合、
それを抑えるために、わざわざクリームを指定して下さるお客様もいらっしゃいます。

 

白色の系統ではないのですが、大変多くのリピーター様がいらっしゃって
これもまた、スタンダードといっても過言ではない名刺用紙だと思います。

「温かみや優しい雰囲気を、名刺で出してみたいなあ」とお考えの方はぜひ!