お名刺入稿データの弊社規格につきまして

日頃の御愛顧まことにありがとうございます。

いつもお客様から様々なデータを頂くのですが、
よりスムーズなご納品のために、 Illustrator でご入稿頂ける場合の
弊社フォーマットをご案内いたします。

・弊社名刺のアートボードサイズ: 91mm × 55mm

・文字化け防止のために、テキストはアウトライン化(画像データに変換)をお願いします。

・トンボのあり、なしはどちらでも構いません。

・カラーモードは、CMYK、RGBどちらでも製作可能です。
(RGBの場合、色味が大きく変わる場合がございます)

※特色はCMYKに変換されます。何卒ご了承ください。

 

以上、宜しくお願い申し上げます。

「人を大切にする経営学会」さん主催のイベントに参加してきました!

さる2月27日、東京・大手町で、あるビジネスマッチングの会合が行われました。

障害者雇用に力を入れている会社さんや事業所さんが全国から一堂に会し
それぞれのビジネスにかける思いをもって自社商品・サービスを訴えかけるというものです。
会を主催された「人を大切にする経営学会」さんにおいては初の試み。

 

事前のブログでは「人が集まるかどうか不安」とご心配されていましたが
当日、会場には100名以上の方で賑わいました。

 

まるみも上記の一企業としてプレゼンを行いました!
弊社社長・三鴨が事業を引継いで、全盲の妹さんと過ごしてきた半生から
著者の顔も持つ大ベテラン・kumiさんとの出会いまで、
商品や事業説明にとどまらない話を皆さんの前でさせて頂きました
本当にありがたい機会だったと改めて感じています。

 

話は変わりまして
筆者は日頃、社内にこもって作業をしているため自社の業務(それも一部)しか知らず
業界内での横のつながりは基本、持てないような立場にあります。
関係構築のまたとない機会と考え参加しましたが、本当に様々な方々が
それぞれのご経験から出発され事業展開されていることを知り、
感銘を受けることしきりでした。

 

コンサルタントや国際的な賞を取られたパティシエの方と協力し
グルメ雑誌にも取り上げられるA型事業所CHOCOLABOさん。

 

「障害者には無理」とされてきた警備・保安の業界で起業され
着々と黒字を出されているATUホールディングスさん。

 

障害者アートの癒し効果に着目し、デザインやマーケティング、福祉、ITのプロが集まって
多角的なイベントや商品を展開されている
フクフクプラスさん。

 

障害者と医療関係者で本を作ったことをきっかけに
働くことが回復につながる職場づくりを目指し出版を手掛けている
ラグーナ出版さん。

 

パソナグループの特例子会社として
農業、食品販売から、アート、事務代行、障害者雇用のコンサルティングまで
パソナハートフルさん。

 

様々なデータ作成を手掛け培ったノウハウをもとに、
名刺をクラウドで管理している企業に
ミンナのミカタさん。

 

他にも藍染など様々な事業をを手掛けられている
社会福祉法人 藍さん
イグサや和紙など様々な材料で畳を製造されている
アンサンブル会さんなど
お取り組みを挙げていけば説明しきれないほど、多種多様なビジネスの形がありました。

 

かつて「製造業が障害者雇用の受け入れ先となってきた」という話を聞いたことがあります。
確かにこの日も業種としては製造が多かったかな・・・という印象でしたが
ここまでニッチというか、多種多様なジャンルで
障がいをお持ちの方が現場の実務を担っているという事実をこの目で見ると
本当に圧倒されてしまいますね。

 

確かに特性の重さによって、当事者に出来る事というのは限られてくるかもしれません。
しかし、トップに立つ人間の情熱やノウハウ次第で
ハンデを克服するどころか、
特性とされてきた個人の興味や行動を逆に強味に変えることも可能であり
現にこの日集まった方々はそれを実践していらっしゃいました。
お話によれば、日々プレイヤーとして活躍している当事者の方は、
製品のミリ単位の違いに気付くような細やかさを備えていたり
凄まじい作業スピードを誇っていたりするようなのです。

 

一現場に一障害者。
どこの業界でも障害者が活躍できる日が来るのではないか。
そう考えずにはいられませんでした。

 

福祉の世界では、工賃が低すぎるという現実が
かねてから厳然と存在しています。
加えて、優先調達法
(国や自治体が障害者就労施設等から優先的に物品等を調達するよう努める制度)
に基づいた取引先として認定を受けているのも
ごく僅かな団体のみに限られています。

 

しかし世間がそういった苦境を知らないからこそ
放っておかれたままになっているというのもまた事実なのです。

 

そして、現状を変えたい、社会貢献をしたいと考えている人たちは確実に存在し
そのような方々は上記のような事実を知るや
ご自身の思いににコミットすべく行動を起こしています。
本気で動く人間によって
決して斜陽ではなく今まで日が当たらなかった世界を変えられる。
そう思わせられるイベントでした。

 

「人を大切にする経営学会」さん
貴重な一日を提供して頂きまして、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

一部名刺用紙の取り扱い停止につきまして

弊社で取り扱っております名刺用紙のうち、
契約関係、設備更新等に伴い対応困難なものが出て参りましたのでお伝え申し上げます。

ダンボール紙
バナナペーパー
につきましては、在庫が終了次第、お取扱い停止となります。

なお、

OKミューズ
特鶴
につきましても新規でのお取扱いは終了いたしました。

何卒ご了承お願い致します。

紙の紹介 ―クリーム森林編―

紙の紹介、第5弾!
今回取り上げるのは クリーム森林 です。

 

この名刺用紙、
紙の特徴として前回紹介したクリームと変わるところはほとんどありません。
色味も表面の風合いもパッと見はそのまま。
しいて言えば、クリーム森林の方がわずかにベージュの色味が薄いかな?というくらいです。
違う紙にも関わらず、本当に再現度が高いんですよね。


画像の右が森林クリーム、左がクリームです。

この記事を書くために、未使用のクリームとクリーム森林を手に取って見比べていたのですが、
途中で「あれ、どっちがクリーム森林だっけ?」と、思わず見分けがつかなくなりかけました。
もし入れ替わり、間違って使われてしまったらと思うと今でも背筋が凍ります(汗)

 

では、両者の違いを分けている 森林 って、一体何でしょうか?

 

実はこれ、環境省が海外の団体と連携して取り組みを進めている
「森林認証」という制度の頭文字なのです。

もともとはドイツを中心にして始まったもので、
様々な基準のもと、林業が環境保護に貢献するよう運営されているか、
木材の生産業者、流通・加工業者を対象に審査が行われており、
それをパスすれば企業や商品にライセンスが与えられます。

森林クリームもそんな環境保護に貢献している紙製品の一つなのです。

 

この紙を使うことで
そういった働きかけに目を向ける何らかのきっかけになることは間違いないでしょう。
事実、私自身もこの記事を書くまでは、
森林認証という制度について聞いたこともありませんでした。

 

紙を使った事業を営んでいるまるみとしては、
ぜひとも皆さんに知っておいて頂きたいなと思う名刺用紙なのでした。

以前紹介しました クリーム がお好きな方
そして、エコに興味を持たれている方は、ぜひ!

【お知らせ】年末年始休業のお知らせ

いつも有限会社まるみをご利用いただきまして、ありがとうございます。

弊社は、
2018年12月29日(土) ~ 2019年1月6日(日)まで、
年末年始休業とさせて頂きます。

そのため、本年の商品発送は、2018年12月28日(金)までとなります。

本年もお世話になり、ありがとうございました。
来年も変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

2018年12月21日 有限会社まるみ

【お知らせ】名刺用紙の価格を変更しました

いつも有限会社まるみをご利用いただきまして、ありがとうございます。

この度、仕入れ先変更のため、一部の名刺用紙の価格を変更いたしました。

◆バナナペーパー
【旧】厚さ 0.26mm 100枚辺りの価格 ¥800

【新】厚さ 0.2mm 100枚あたりの価格 ¥1,000

以前の紙より少し薄くなり、標準の名刺用紙と同じ厚さになりました。
詳しくは「名刺」ページから
「・名刺用紙のオプションと追加料金(100枚)」をご覧ください。

今後とも、有限会社まるみをよろしくお願い申し上げます。

紙の紹介 ―クリーム編―

紙の紹介、第4弾!
今回取り上げるのは クリーム です。

色はその名が示す通り、若干クリーム色がかった、どことなく古風な雰囲気を感じさせるものとなっております。


(手前が クリーム で、奥が ホワイト です。 色の比較としてご参考まで。)

クリームは、白くない紙にインクが乗るということで、
色が正直に出るというわけではないんですよね。

しかし、温かみを持ったレトロな風合いは、
やわらか味のあるフォントとの相性がバツグン!
字体を選び抜いていくことで
「レトロな雰囲気をできるだけ出してみよう!」という使い方も可能です。

 

また、あまりにも色がはっきり出過ぎて、角が立つような色合いになってしまったり、
ロゴなどの一つ一つが目立ち過ぎて
「なんとなくデザイン的にうるさくなってしまうなあ・・・」というお名刺の場合、
それを抑えるために、わざわざクリームを指定して下さるお客様もいらっしゃいます。

 

白色の系統ではないのですが、大変多くのリピーター様がいらっしゃって
これもまた、スタンダードといっても過言ではない名刺用紙だと思います。

「温かみや優しい雰囲気を、名刺で出してみたいなあ」とお考えの方はぜひ!

トランプ作成してます!

まるみでは名刺のみならず、トランプも作っているのです。

 

表裏両面とも、
お客様がご自作したオリジナルのデザインを施すことができます。

各マークのエースからキング(52枚)、ジョーカー(4枚)
裏面の絵柄(合計で最大57枚)まですべて
お客様の撮影されたお写真やご自作のイラストで彩ることが可能です。

 

「ずっと心に残るようなものを作りたいけど、何かいいものはないかな?」と
お考えの方はぜひ下記ページをご覧ください!

有限会社まるみカードウェブ事業部

新郎新婦の幼少の頃から結ばれるまでのお写真で作成し、お二人にプレゼント。
敬老の日や還暦のお祝いに、ご家族や親しい方にプレゼントされる方など、
多くのご注文をいただく人気商品です。

 

加えて、
マンガやアニメのイベント等で活動されている皆さんからもよくご注文をいただくのです。
同人誌サークルさんがキャラへの愛を込めたイラストで作成したり
コスプレイヤーさん同士が思い思いのキャラになりきった写真を使われたものまで
多種多様なイメージを反映されたデザインをご入稿頂いています。

この時期は、
「コミケの当落通知まで3週間切ったんだけど、受かってたら何作ろっかな?」
というように
冬の本番当日!決戦! に向け、
サークルさんも徐々にグッズのアイディアを練り始める頃ではないでしょうか。

 

ご興味を持たれた方はぜひ、こちらからご注文下さい!

 

トランプ作成専用ソフトをダウンロードして頂いて
お客様がお持ちの画像を貼り付けたデータをご入稿するだけ!

もしご自身でのレイアウト作成が難しい場合は、
まるみで代行入力させていただいておりますので
その際はご相談ください。

「働く広場」に三鴨の記事が掲載されております。

「働く広場」さんの2017年11月号~2018年3月号までの連載記事を、
弊社代表・三鴨が立案しました。

 
障害者雇用の現状や、
今まで多くの実習生を受け入れ、当事者を雇用してきた経験から培った
就労のコツなどを紹介しております。

 
各バックナンバーの 11ページ(2018年2月号のみ 17ページ) からご覧頂けるので、
ご興味を持たれた方は是非チェックしてみて下さい。

紙の紹介 ―マシュマロ編―

紙の紹介、第3弾です!
今回取り上げるのは マシュマロ です。



前回取り上げた ホワイト と比較し、格段に滑らかな質感を持つ名刺用紙です。

仕事上、色々な名刺用紙に毎日触れることになるわけですが
ホワイトの直後にマシュマロを扱うと、思わず「うわ!指がすべっていく!」と感じてしまうほど、その手触りの違いに驚かされます。
表面の細かいざらつきまで、本当に消されているんですよね。


色も、ホワイトより一段明るい、抜けるような白です。
写真は奥がホワイト、手前がマシュマロです。
ぱっと見では本当に微妙な差異ですが、
ホワイトが壁のオフホワイト色に近いのに対し、マシュマロは抜けるような白さがあります。

光沢が出るような特殊な加工は施されていませんが、
光を反射する白という色の特性が相まって、くっきりした印象が際立って出ます。

 

また、白の特徴がより強く出るということは、印刷の出来栄えがより正直に出るということ。
フォントの細かい部分から高解像度の画像データまで、大変きれいに印刷に反映されます!

上品な手触りとデザインをご要望の方はぜひ!