本になりました。

遅ればせながらですが、まるみのことが本になりました。

もともとは、ありがとうショップ代表・砂長美んさんの一声により
出版企画が持ち上がり、クラウドファンディングに挑戦しました。
皆様からのご支援のおかげで、無事ゴールまで辿りつくことができました。
ありがとうございました!

ちなみに製作はすべてまるみで行わせて頂きました!
この5人の中の一人として、まるみの代表・三鴨が登場してます。

 

社長に就任してから、従業員との日々や福祉の現状、自身の気づき等を通して
今までどのように会社を育ててきたか。
大切にしていることは何なのか。
社長になって考えた、雇用とは・福祉とは。

 

そんな様々な出来事や思いが22ページにわたって書かれています。

 

他にも障害者の所得向上を目指してB型作業所アロンアロンを立ち上げられ、様々なプロジェクトを展開されている那部智史さん
知的・発達の方や福祉サービスの利用者さん向けの学校ゆたかカレッジやを創始された長谷川正人さん
知的障がい・発達障がいの方々に向けた商品を扱われる保険会社ぜんち共済を設立された榎本重秋さん
(会社設立にまつわるエピソードはこちらから読むことができます。必読!)

そして本書の発起人である、当事者でありながら起業家の美んさんが登場します。

 

特に障がいに関わるお仕事をされている方、福祉にご興味を持たれている方にとっては
一読の価値を持った内容に仕上がっています。

 

気になった方は、是非お手に取ってみてください!

 

「障がい福祉の学ぶ働く暮らすを変えた5人のビジネス」