日報:14/04/23 『全盲弁護士 竹下義樹さん』

連投のshachoです。
これは本当の日報。

本日は、月に一度の池袋ビジカルランチの日で、
これはランチの後の1時間、毎回色々なテーマのお話を聴けるのです。
今日のスピーカーは竹下義樹弁護士でした。
竹下さんは日本で最初の全盲の弁護士さんです。
(現在では、3名います。)

プロですから、弁が立つのは当たり前かもしれませんが、
膨大な読書量からのお話には、ググッと引き込まれます。

その上、時々ちらちらと、こちらを見ているように見えるのです!
皆さんの注意を喚起しながら話す。
あれ?弱視だったかな?と錯覚してしまう。

障害のあるなしは、些細な違い。
人との違いを探す社会から、共通点を見つけ出す社会へ。

あなたも私も同じ人間だ、という到達点。
そこまでくれば障害者問題は9割片づくとお話されていました。

しかし…。
六法全書を暗記してしまうような方に、
あなたも私も同じですね、とは
恥ずかしくて言えませんね…。