日報:12/02/27 『オリジナルタンブラー作成への道①~悲劇~』

新宿区の中の西新宿で名刺製作しています。 
 
社長は納品の後、社内業務。
chiyoさんは名刺製作。
kirinさんは名刺製作。
masanobuさんは名刺製作。
tomohiroさんは名刺製作。
kumiは名刺製作。
 
 
kumiは先日会社案内を完成させることができませんでした。
印刷してみたら、ダメな点が多数見つかりました。
気に入らないので、いちから全部作りなおすことにしました。
構成は変わりませんが、デザインを全部捨てます。

デザインに統一感がなかったので、テクスチャを統一しようと思います。
ファブリックなテクスチャにする予定です。
 
3月は無理そうなので、4月になったら再開します。
 
 
会社案内を個人的に作る傍らで、会社ではあるプロジェクトが始動していました。
オリジナルタンブラー作成です。

お客様にタンブラーの台紙の印刷を頼まれました。
まるみにはある特殊な紙があるのです。
耐水性に優れた、レーザープリンターで印刷できる紙があります。
これはホワイトホルダーという名前で、A4サイズの紙など挟むファイルを作成しています。

この紙をタンブラーの台紙として使いイラストを印刷しました。
耐水性もあり、コーティングされた紙なのでつるつるとしています。

それを見てkumiもオリジナルタンブラーが作りたくなりました。
スターバックスのはクリエイトユアタンブラーという台紙を自分の好きなものにできるタンブラーがあります。
kumiはこれを使おうと思って、買って来ました。

kumiはある日の朝、会社で一人、タンブラーの型紙をスターバックスのHPからダウンロードしました。
会社の名刺用の厚い紙に型紙を印刷しました。
切り取ったので、はめてみたくなりました。
タンブラーに入れてみたら、ぴったりでした。

入れた紙はサンプルなのではずそうとしました。
はずれません!
ぴったり入って抜けません!

会社にはkumi一人であわてました。
タンブラーはこんな状態です。

タンブラー詰まった
 
こんな状況であるはずのピンセットがみつかりません。
こんなもの見せたら社長に笑われる。
爆笑される。
chiyoさんにも笑われる。

でもどうやっても抜けません。
ピンセットがないと抜けません。
でもみつかりません。

しかしいつまでもピンセットを探しているわけにはいきません。
仕事をしなければなりません。
いったん、タンブラーのことは忘れて仕事をしました。
そして、社長とchiyoさんが出社してきたのです。

kumiは真っ先にピンセットの場所を聞きました。
そしてどうなったかはまだ長い話ですので、明日に続きます。

続きは刮目してお待ちくださいませ。

 

Posted in 未分類